新しい形で土地活用をすることができます。

土地活用に関する お問い合わせはこちら 0564-65-0241

スマホ メニューを開く

senior

高齢者向け施設

サービス付き高齢者向け施設

サービス付き高齢者向け施設とは、略称「サ高住」と呼ばれ、介護や医療と提携して高齢者を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の賃貸住宅や施設のことです。

国土交通省や厚生労働省による「高齢者住まい法」に基づく施設で、国や自治体が積極的に建築を推進しています。

なぜ今高齢者向け施設で土地活用するべきかなぜ今高齢者向け施設で土地活用するべきか

  • 高齢者社会化による需要の増加

    ​2030年までに75歳以上の後期高齢者人口割合は6割増になると言われています。今後の需要拡大が望める事業です。

  • 立地を選ばない

    ​アパートのように駅からの距離や周辺の商業施設に入居が左右されないのが高齢者向け施設です。立地で活用を諦める必要はありません。

  • 地域の社会貢献に繋がる

    ​高齢者向け施設は社会に求められている事業です。地域に施設を増やすことは地域への貢献に繋がります。

高齢者施設 開設コンサルティング

新規参入をサポート

訪問介護利用者様からの預かりニーズ・宿泊ニーズに答えたい…同業施設が増える中で地域の顧客を増やすために、事業の多様化と拡大が必要…など、新たに高齢者施設の開設を考えたことはございませんか?

大きい施設の運営に不安を感じる方にも安心していただける様々なサポートをご用意しています

部屋 写真
ご要望に合わせた開設スキームをご提案
  • 01

    自社で建設し運営
    を行う場合

    土地と建物をセットで融資を受けて開設するスキームです。自社の資産として残ることが最大のメリットで、資金調達が最大のポイントです。同じ土地で長く続けていきたい、地域に密着した営業方針の介護事業者様に最もおすすめです。​

  • 02

    借地に自社で建設し
    運営を行う場合

    地主様の土地を賃借し、建物だけで融資を受けて開設するスキームです​。土地の購入をせずとも理想的な立地で開設することが可能です。

  • 03

    建物を借りて
    運営を行う場合

    土地オーナー様が所有地に建てた高齢者施設にテナントとして参入するスキームです。運転資金の調達のみで開設可能なので、広範囲に多施設展開を検討される方にオススメのスキームです。​

高齢者向け施設で土地活用するメリット高齢者向け住宅で土地活用するメリット

  • 国からの補助金制度

    ◆新築は補助金で建築費の10分の1が助成されます。※ 国費上限120万円/戸

    ◆リフォームは補助金で建築費の3分の1が助成されます。※ 国費上限150万円/戸

  • 高齢化による市場傾向

    ◆高齢化社会化の進化により重要は増加。

    ◆2045年に想定される65歳以上の高齢者人口ピークまでに完済が可能。

    65歳以上の人口の推移

  • 様々な制税優遇

    ◆一定条件を充たせば不動産取得税がかからない※1

    ◆建物の固定資産税が5年間1/2~5/6減額※1

    ◆土地の固定資産税が1/6の評価に軽減

    ◆アパート建築と同じく相続税対策に有効

    ※1 平成31年3月まで

ネイブレインの高齢者施設ネイブレインの高齢者施設

一括借上げ会社日本管理センター(以下JPMC)との提携によって実現する安心のサ高住経営

高齢社会を背景に高齢者施設の需要は加速度的に拡大しています。

ネイブレインでは、日本管理センター(JPMC)と連携し、 一括借上げ長期保証を取り入れた全く新しいカタチの土地活用術 をご提案いたします。

提携システム

ネイブレインの高齢者住宅 安心ネイブレインの高齢者住宅 安心

  • 25年間の一括借上げによる家賃保証

    ​入居率に関わらず全戸分の保証賃料を得られるので、安定の経営が可能に。

  • 10年固定の保証資料

    一定の収入を得ることが可能なのでシュミレーション通りの手残りが確保できる。

  • 建築から運営までフルサポート

    経営のプロによるエリアマーケティングに基づいた事業計画を提案。

  • 複数の会後運営会社を繋ぐネットワーク

    安定した運営体制の実現。運営会社の撤退時にもネットワークを駆使して迅速に対応。

JPMC 一括借上げ会社JPCMがパートナー体制をバックアップJPMC 一括借上げ会社JPCMがパートナー体制をバックアップ

サ高住管理件数1,700戸超の実績をもつJPMCだからこそ出来るパートナー企業への
5つのサポート
  • 1.エリアマーケティング
  • 2.サービス提供体制
  • 3.企画・設計・支援
  • 4.融資サポート
  • 5.入居募集サポート

JPMC安心の仕組み

JPMCと損害保険会社とで契約を締結。
保証賃料の逆ザヤ部分を補完することによってリスクを回避し、安定の経営を実現

損害保険のバックアップイメージ

ページの先頭へ戻る